静岡社会文化会館
静岡社会文化会館
静岡社会文化会館とは?
行事内容
静岡県民の社会運動史
お知らせ
リンク
静岡社会文化会館 静岡社会文化会館

「静岡県民の社会運動史(仮称)」の研究成果

 第4回「AWACS浜松基地配備に反対する闘い」を公表しました。


「静岡県民の社会運動史(仮題)」編纂事業の説明≫

静岡社会文化会館

第4回 AWACS浜松基地配備に反対する闘い ≫詳細



第1回 原水爆禁止運動と日本社会党≫詳細
第2回 1960年安保闘争-静岡県民はどう闘ったか≫詳細
第3回 造船産業合理化から地場産業を守る闘い≫詳細


静岡社会文化会館

 当財団は「静岡県民の社会運動史」編纂作業を行っていますが、編纂委員の一人である小池善之さん(静岡県近代史研究会)が、日本社会党の戦後の資料を調査中、当時の日本社会党の下川儀太郎県議が、米軍の富士山接収計画の事実を突止め、1952年の県議会で追及した事実を発見し、昨年の12月12日静岡第一テレビの取材を受け放映されました。小池さんは県・市・町の委嘱を受け、自治体史などの調査編纂に携わっています。≫全文

静岡社会文化会館

2012年4月から2013年3月まで、静岡社会文化会館が取組んだ共催事業、後援事業を紹介しています。≫全文

静岡社会文化会館

2012年4月28日(土)静岡市清水区小芝町の「江尻生涯学習交流館」で、「働く者の視点から原発事故を考える」と題する学習会が行われました。清水地域勤労協、清水地区退福協、清水地区高齢退職者の会が共催、静岡社会文化会館が後援し70名が参加しました。≫全文

多くの参加者が真剣に福島現地からの報告を聞いた 2012春闘交流会 2012年4月2日

 4月2日、静岡市労政会館で春闘交流実行委員会(実行委員長杉山淳氏)が、全港湾労組松本耕三書記長を講師に「震災下における労組の役割と組織拡大の取組み」をテーマに、全港湾労組の取組みを聞き学習しました。≫全文

2012春闘交流会 2012年4月2日 5・3憲法フォーラムinしずおか 2012年5月3日、静岡県総合社会福祉会館「シズウエル」で開催された憲法フォーラム2012年2月1日 議員団研修会 2012年2月1日 議員団研修会5・3憲法フォーラムinしずおか 25・3憲法フォーラムinしずおか
社民党静岡県連合
Copyright (c) SHIZUOKA Social Cultural Center, All Rights Reserved.